企業の破産の法律について知る

企業の破産についての法律を知っておくことで、どのような流れで社会が動いているのかがわかります。また、将来的に弁護士としてその分野で活躍したい場合には、具体的イメージを持っておくことが重要です。そのため、勉強しておくことに意味はあります。そして、司法試験では破産法は選択法律科目の一つになっているため、勉強は試験的にも直結します。就職の際には、どの選択科目を選んだのかも結構影響してくるため、企業法を専門的に扱っていきたいと考えているのであれば、この辺についてはよく勉強しておき、選択科目もこれを選んでおけば間違いありません。

破産をすることのメリット

破産をすることで、借金に関する法律問題をリセットすることができます。その理由は、免責決定を得ることでそれまでの債務を帳消しにすることができるからです。もちろん、その情報は信用情報機関に登録されるため、以後は借入をすることができなくなります。しかし、そのままでは生活が立ち行かなくなってしまう状態を一度なくして再スタートをするためには、返せなくなった借金に関する法律関係をリセットすることは重要なことです。申し立てをしてもギャンブルや浪費などによる借金の場合は、免責を得られないこともあるため注意が必要です。

↑PAGE TOP