相続において弁護士が必要な理由

相続で弁護士が必要となる場合は、遺産分割について争いがある場合です。特に、遺産分割について寄与分や特別受益がある場合は相続人同士で話し合う事になりますが、多くの人ができるだけ遺産を貰おうとして簡単に合意できず、遺産分割に不公平が生じることになります。そうした場合に専門家である弁護士が代理として遺産分割協議に参加することで、争いの当事者同士で顔を合わせる機会も少なくなり公平な遺産分割にする事が可能性になりますし、万が一、裁判などになったとして安心できます。

↑PAGE TOP