相続で弁護士が必要となる場合

相続において弁護士が必要となる時は遺産分割で合意できない時です。遺産を相続人同士で割り振る遺産分割では、単純に金額で分割する場合や遺産の種類で分割する場合などがあります。しかし、法定割合で分割できる事はほとんどなく、例えば長男は3000万円の不動産を、次男は1000万円の預貯金を、といった具合に承継する遺産の額に差が出てきます。そうした状況では寄与分や特別受益などを裁判で争う事がケースが多々あり、弁護士の協力が不可欠となります。そうならないためには、予め遺産について話し合っておく事が大切です。

↑PAGE TOP