破産法は破産分野で必須の法律

破産法は、破産分野では必須の法律です。これは、最終的に企業や個人が債務の弁済を行うことができなくなった時にとられる清算手続きに関する法律です。つまり、どうしようもなければ最後はこの手続きが行われます。民事再生などは、破産が申し立てられれば取り消しとなります。破産法は、司法試験の選択科目ともなっており、毎年選択者が多い人気の科目となっています。その理由としては、実体法の知識と手続法の知識の両者が必要となるため、知識を深めるのに有益だからです。実務でもよく利用されるため、学ぶことでとても役立つといえます。

法律家に相談して破産する

借金で首が回らない方は、法律家に相談して破産の申し立てをしてもらうことで、借金問題から解放されることができます。必ずしも免責が得られるわけではありませんが、きちんと申し立てのノウハウを持っているため、自分で行うよりはうまくいく可能性が上がります。特に、ギャンブルや浪費といった理由で借金を重ねてしまった場合には、通常は免責を得ることができません。しかし、法律家は何とか免責を得られるように工夫をして申し立てをしてくれます。このノウハウは、個人では考えられることではないため、最初からプロに任せた方が安心です。

↑PAGE TOP